主要ネット広告4種類を解説!

企業のウェブ担当の方、個人で事業を行っている方など、自分のウェブサイトの集客が上手くいかず悩んでいるかたもいるのではないでしょうか?ウェブサイトの集客を上げるためにはサイト内容の改善はもちろん重要ですが、そもそもサイトの存在を知ってもらうことが前提です。そこで活用すべきなのが広告。このブログではインターネット上の広告である「ネット広告」について、ウェブマーケティング初心者の方にも分かるように平易な言葉で解説します。

 

ネット広告とは?

ネット広告とはその名のとおり、インターネット上で表示される広告のことです。かつては広告といえばテレビCM、新聞の紙面広告などが主流だったのではないでしょうか。しかしいまやインターネットの普及率は著しく、インターネットは広告全体の中でも大きな市場規模を誇る一大広告媒体です。

電通の発表している「2015年の広告費」によると、2015年のインターネット広告費の総計は1兆1,594億円で、前年比110.2%と二桁成長を見せています。さらにこれは広告費全体の中でテレビに継ぐ2位で、インターネット広告の成長が著しいことから、1位になる日も遠くないと思われます。

 

ネット広告のメリットとは?

ネット広告がこれほどまで普及しているのは、インターネットの地位向上が1番の要因でしょう。しかし、それ以外にもネット広告は他の広告媒体にはないメリットがあるのです。

1.高度なターゲッティングが可能

インターネット広告最大の特徴が「高度なターゲッティングが可能」なことです。

  • 地域
  • 年齢
  • 性別

といった基本的な個人の属性から、

  • 検索履歴
  • Web上での行動

といった情報、さらには最近ではFacebookなどにより

  • 恋人の有無
  • 家族構成
  • 職業
  • 出身学校

などの細かな情報によりターゲットを選定して広告を表示させることが可能です。このように広告の表示先を細かに限定することはインターネット広告以外では不可能でしょう。

2.手軽さ

インターネット広告は申し込みから掲載までの期間が他の広告と比べて短いのが特徴です。最短で即日掲載も可能です。料金も低価格のものから高価格なものまで幅広く、敷居が低くなっています。さらに、クリックされて初めて料金が発生するシステムのものも多く、費用対効果が大きいという見方もできます。

3.成果に直結しやすい

従来の広告では、

広告を見て興味を持つ

→店舗に行く・通販で申し込む

というように、消費者が複数媒体をまたいだステップを踏む必要が有りました。しかしインターネット広告は広告を見て興味をもった消費者はその広告をクリックします。すると広告主のウェブサイトに移動し、そこでそのまま購入であったり申し込みであったりをすぐに行うことができます。インターネットという媒体を外れないことで、広告から成果までスムーズにつながりやすいのです。

4.成果が可視化しやすい

従来の広告は大規模なアンケートなどをとらないと広告に対する認知、広告の出している成果について知ることができませんでした。しかしインターネット広告は各広告ごとに

  • クリックされた回数
  • 閲覧数に対するクリック数の比率
  • 広告クリック数に対する申し込み数の比率

といった数字で効果を可視化することができます。これにより不要な広告の掲載をやめたり、よりよい広告戦略につながりやすくなります。

 

4種類の主要ネット広告

ネット広告というものがどのようなものかは分かっていただけたと思います。

ここからは個別のネット広告の種類について解説したいと思います。ネット広告には膨大な種類がありますが、今回はその中でも主要な4種類といえる、

  1. リスティング広告
  2. バナー広告
  3. Facebook広告
  4. 動画広告

について、それぞれの特徴を解説したいと思います。

 

1.リスティング広告

ネット広告種類 リスティングスクショ

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!でのキーワード検索時に、検索結果と共に表示される広告です。指定したキーワードに対して広告掲載を申し込むことが可能で、検索数の多いキーワードほど料金が高くなります。特定のキーワードで検索する人のみに広告を表示させることができるので、ニーズにピッタリマッチした、消費者に対する訴求力の高い広告と言えるでしょう。

料金システムはクリック課金制であることが一般的です。クリック課金制とは広告が表示されて消費者がそれをクリックして初めて料金が発生するタイプの料金システムです。これは広告掲載を申し込んでも誰にもクリックされなければ料金が発生しないため、成果につながらないコストが一方的に発生するようなリスクが低いのが特徴です。

 

2.バナー広告(ディスプレイ広告)

ネット広告種類 ディスプレイスクショ

バナー広告とは上の画像のようにウェブサイト上に画像として表示される広告です。ディスプレイ広告とも言います。新聞の紙面広告と似ているかもしれませんね。バナー広告は最近は動画であったり、ゲームになっていたりなどただの画像にとどまらない様々な形態が登場しています。

新聞広告と同様、サイトを訪れる様々な人に閲覧してもらえる広告です。この点が広告に関連したニーズを持つ消費者にターゲットを絞ったリスティング広告と異なる点です。これはリスティング広告では不可能な幅広い客層にアプローチできる点がメリットですが、同時に広告の表示回数に対するクリック数も未知数であり、リスティング広告よりもコストパフォーマンスが不安定であるといえます。

 

3.Facebook広告

facebook広告

Facebook広告とはその名の通り、Facebookのタイムライン上に表示される広告です。

料金システムはリスティング広告と同様クリック課金制となっており、Google検索やYahoo!検索のリスティング広告と比較してクリック単価が低く(1クリック数円~数十円)、非常に安価な広告であることが特徴です。

さらにFacebook広告ならではの特徴は、Facebookの個人情報を利用した細かなターゲッティングができる点です。Facebookには本名以外にも様々な個人情報を登録しているユーザーがいます。これほど細かなターゲッティングができるのは他の広告にはない魅力であると言えるでしょう。

 

4.動画広告

動画広告

動画広告とはその名のとおり動画を利用した広告です。Youtubeなどの動画サイトで本編再生前に数十秒流れるものが動画広告です。テレビCMに近い広告と言えるでしょう。テレビCMと異なるのは他のネット広告と同様Youtubeアカウントや検索履歴といった情報により広告を見せる相手のターゲッティングが可能なことがあげられます。

Youtubeの動画広告は視聴課金という料金システムをとっており、広告がスキップされたり、ブラウザを閉じるなどして中断されたりした場合には料金が発生しません。リスティング広告のクリック課金制と同じくリスクが低く出稿しやすいシステムとなっています。

 

まとめ

以上、4種類の主要なインターネット広告を紹介してきましたが、細かなものをとりあげればネット広告は膨大な種類があります。

ネット広告の運用においては、

  • 広告の種類ごとの特性を理解すること
  • ターゲットや目的・費用を考慮して、最適な広告を選ぶこと

が重要となります。当ブログではこれから様々なネット広告について更に掘り下げていきます。ネット広告の知識を増やして適切な運用ができるようになりましょう。