Googleアナリティクスでアクセス解析しよう!


広告クリックの、その先へ

今回は広告の記事を一休みして、アクセス解析について解説してみたいと思います。ネット広告に関するブログでなぜアクセス解析なのか?ウェブマーケティングを語る上でアクセス解析は避けては通れないのです。

ウェブサイト運営の目的は広告のクリックではありません。ウェブサイトにより目的は様々でしょうが、広告により顧客を自社サイトに呼び込み、購入・申し込み・登録といった手続きまでをしてもらうのが本当の目的です。

上の図で「ランディングページ」とはこのウェブサイトを訪れるユーザーが最初に着地するページのことです。上の図ではランディングページと申し込みページが異なりますが、もちろんランディングページからそのまま申し込みが可能な場合もあります。

投入したコスト(サイト運営費・広告費等)が成果(申し込み等)に「転換する」、すなわちウェブサイトの目的が達成されることをウェブマーケティング用語で「コンバージョン(CV)」といいます。CV達成のために自社サイトにアクセスしてもらうための第1ステップとして広告が用いられるのですね。しかし、広告をクリックして自社ウェブサイトを訪れた方が全員CVに至るわけではありません。ウェブサイトを訪れたもののCVに至らずサイトを離脱してしまう顧客もたくさんいるでしょう。

  • 興味をもって広告をクリックしたが、思っていたほど魅力的な商品ではなかった。
  • 申し込みしようと思ったが、フォームの記入内容があまりに多くてうんざりしてやめてしまった
  • 申し込みたいのに、サイトが煩雑でどこから申しこめばいいのか分からなかった

広告をクリックした顧客がCVにつながらないのには様々な理由が考えられるでしょう。この理由を分析するために、アクセス解析が有用となるのです。

Googleアナリティクスをはじめとしたアクセス解析ツールを用いれば、どのページから何人の訪問者が来て、どのような経路を辿り、どのように離脱したのか、もしくはCVに至ったのかといった情報が解析できます。

ウェブサイトを訪れた人数に対してCV率があまりに低いのなら、もしかしたらウェブサイト側に問題があるのかもしれません。アクセス解析によって訪問者の行動を解析して、広告をクリックして訪れた顧客をよりCVにつなげることができるようなウェブサイトを作っていきましょう。

 

GoogleアナリティクスとAIアナリスト

アクセス解析をするにあたって、管理人は「Googleアナリティクス」と「AIアナリスト」の導入をおすすめしています。

 

Googleアナリティクスは言わずと知れた最もメジャーで高機能、かつ無料なアクセス解析ツールですね。これを入れておけばアクセス解析のやりたいことはだいたいできるでしょう。

ウェブ解析の人工知能AIアナリストは株式会社WACULの提供しているGoogleアナリティクスと併用するアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスは高度な分析ができますが、取り扱いが難しいのが難点です。AIアナリストは上の図のようにユーザーに分かりやすく分析・提案を伝えてくれるツールで、初心者の方でもGoogleアナリティクスの解析情報を有効的に使えるようになります。

ぜひこの2つのツールを導入してサイトのCV率を向上させてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × four =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)